筑波大学保健管理センター > 利用について > 利用案内 > 保健管理センター利用案内

保健管理センター利用案内

  • 保健管理センターは、次の業務を行うことを目的に設置された学内共同教育研究施設です。
    1. 学生及び職員等の健康管理等についての企画及び立案に関すること。
    2. 学生及び職員等の定期及び臨時の健康診断の実施並びに保健指導に関すること。
    3. 学生及び職員等の急病等に対し応急診療及び救急処置を行うこと。
    4. 学生及び職員等の健康相談に応じること。
    5. 学生のメンタルヘルスに関する相談、診療及び企画を行うこと。
    6. 環境衛生及び伝染病の予防に関し教育指導を行うこと。
    7. 心身の健康障害の予防及び保健管理の充実向上のための専門的調査研究を行うこと。
    8. 学生の修学、対人関係、その他生活上の諸問題及び進路指導における適性に関し、相談に応じること。
    9. その他健康管理等に関する専門的業務を行うこと。
  • 保健管理センターは、土・日曜日、祝休日、年末・年始及び健康診断実施期間その他の特別な日を除き、午前9時から午後5時までオープンしています。(昼休み12時15分~13時15分を除く)
  • 保健管理センターは、本学学生(留学生、研究生等を含む)であれば利用することができます。利用に際しては、学生証を提示するだけで経費もかかりませんが、必要に応じて他の医療機関を紹介することもありますので、その場合は「保険証」が必要になります。従って、家族と離れて暮らしている方で保険証を持っていない場合は、あらかじめ「遠隔地被扶養者証」の交付を受けておくことをお勧めします。